高校部

高校部

授業時間授業時間

S1(高校1年生)
通常クラス
週1回 3時間30分
S1(高校1年生)
LSクラス
週1回 2時間45分
S2(高校2年生)
通常クラス
週1回 3時間45分~4時間
S2(高校2年生)
LSクラス
週1回 2時間45分
S3(高校3年生)
週1回 4時間
  • 高1・2の全クラスでネイティブ教師によるレッスンが、高3の全クラスでネイティブ教師による英作添削指導があります。
  • 週1回(祝日含む)の授業に加え、夏期・冬期等に集中授業を行います。
  • LSクラスは部活動等で忙しい生徒向けの、遅めの時間に始まるクラスです。

授業内容授業内容

class-1

文法・読解・英作・リスニング/スピーキングの各パートから成ります。

arrow-down

高1の間は文法を中心に授業をすすめ、高校英語の土台を固めます。
高2になるとウエイトを文法から読解・英作へと移していきます。
高3では、大学入試問題の演習(難解な英作を含む)をして頂きます。

cycle

学習内容の定着をはかるため、毎回、前回授業を範囲とする単語テストを行います。その他適宜、熟語や暗唱例文等のテストもあります。

class-2
文法

オリジナルの文法テキストを使用し、文法担当講師が導入します。
随時、演習問題で確認してゆきます。
通常課程においては、高校1年生段階で重要部分を修了します。

マイテキスト

授業説明を書き込むことによって、「自分のテキスト」を作りながら、履修内容を理解。
理解の度合いは、演習問題でチェック。

class-3
読解

「宿題読解」で精読力(文法・構文に忠実に、正確に読み取る力)を養成します。
「速読」で 速読力(情報を効率よくキャッチする力)を養成します。

状況に応じ 自在にギアをチェンジ

大学入試においては…
和訳問題や、論理の混み入ったところ、客観問題における急所では精読力が、データや事実関係を把握することを求められるところでは速読力が、ともに必要です。
両方の読み方を身につけ、自在にギアチェンジしながら読めねばなりません。

class-4
英作

基本例文(暗唱文)を覚えることで始め、その積み上げを経て、長い日本文の英訳や自由英作文ができるまで錬成します。

ピラミッド
class-4
リスニング/スピーキング

話し方、聴き方、論の組み立て方のフォームを身につけ、さらにそれを活かす方法学びます。

たとえば、「犬と猫とではどちらが好きか?」という問いに対し、「かわいいから犬が好きです」では答えとはなりません。

「犬が好きです。理由は二つあります。一つ目は、犬の性格の方が自分の好みに合っていること。二つ目は犬は散歩をさせなければならないので、自分の健康にとって良いこと。以上二つの理由から犬が好きです。」

こういった英語の論理の組み立て方を学び、それに基づいた話し方の訓練をします。

それにより、リスニングの際も話の流れがわかるため、理解力が高まります。

Gradingテスト

定期的に習熟度を確認する大きなテストを行い、クラスを再編成します。

入会金・授業料入会金・授業料

入会金
16,500円
授業料※1
52,800円/1期(12週間)
テキスト代
2,500円(高1生、高2生は入塾時に
文法テキストをご購入下さい。)

※1 夏期、冬期等の講習は別料金となります。

入塾までの流れ入塾までの流れ

お越しの上申込

お越しの上
申込

当塾事務所で入塾テストを
お申し込みください。
受験料は2,000円(税込)です。
入塾テスト

入塾テスト

当塾教室で入塾テストを
お受けいただきます。
結果通知

結果通知

入塾テストの結果に応じて、入塾の可否と所属クラス(習熟度別編成)が決定されます。
合格された方には入塾用書類および初回授業の宿題をお渡しします。
手続き

手続き

当塾事務所で入会金および
授業料をお支払いください。

募集要項募集要項

2020年度 編入

新高3・高2・高1

四技能演習クラス四技能演習クラス

大学入学共通テストにおいて、大学入試センターが実施する試験は半分がリスニングになります。

また、四技能(読む、書く、聞く、話す)を問う民間英語試験の結果が、各大学の出願要件や入試得点の一部となる可能性があります。

このクラスでは本課程で養う英語力を実践・演習し、民間英語試験や大学入試センター実施の試験での高得点と、大学や社会での活躍に繋がる高度な英語運用能力の獲得を目指します。

入会金・授業料等(税込)

入会金
不要(本課程への入塾を前提としています)
授業料(OPT + LT)
42,900円/1期(12週間)
授業料(OPTのみ)
33,000円/1期(12週間)
授業料(LTのみ)
13,200円/1期(12週間)

受講方法

事務または本課程担任教師に、受講希望の旨をお伝えください。 当講座担当教師からのご説明を経、ご受講頂けます。受講に際し、 試験等はございません。

授業システム(OPT: Output Practice Training)

授業時間
毎週金曜日 19:20〜20:40
授業内容
スピーキングとテーマ英作文のトレーニングを行います。本課程で学んだ内容を話す・書く場面で活かす練習を積むと同時に、アイデアを発想し、論理的に整理・主張する能力を養います。スピーキングはネイティブ教師が、テーマ英作文は日本人教師が指導します。

授業システム(LT: Listening Training)

授業時間
毎週金曜日 18:15~19:15 / 20:45~21:45
授業内容
リスニングのトレーニングを行います。毎週一定量の題材を聴解するとともに、一部は精度高く英文の内容を理解し、シャドーイング等の手法で難解な英文を聴解する力を養います。